FC2ブログ
いもりの池からおろちの松へやってきました。

おろち(大蛇)の松
国立科学博物館附属自然教育園 10
おろちの松は江戸時代からある古いクロマツで、樹高は33mあり、その姿は「大蛇」を連想させるものだったそうです。しかし1979年の台風20号の落雷で上から8mが折れてしまいました。その後も生育を続けていましたが、2019年の台風19号のあと、根ごと倒れているのが発見されました。幹や根の様子が見られるよう現在もそのままの形で展示されています。
幹が鱗のように見えて大蛇を連想させます。倒れる前の写真が説明板にありますが、1979年以前の姿を見てみたかったです。
おろちの松のまつぼっくりから種が採れたそうで、今後園内に植栽する予定だそうです。

武蔵野植物園
国立科学博物館附属自然教育園 11
武蔵野の草原や雑木林が残っています。一部通行止めになっていました。

小川と湿地
国立科学博物館附属自然教育園 15 
昔はこんな風景が広がっていたんですね。人も少なくて落ち着く場所です。

水生植物園
国立科学博物館附属自然教育園 12
木道があって良い雰囲気の場所なので園内で一番人が多かったです。ちょうとナンバンギセルの花が咲いていて皆さん写真を撮っていました。

国立科学博物館附属自然教育園 13
ツリフネソウやひめがまが見られます。

ひょうたん池
国立科学博物館附属自然教育園 14
歩きながらみると分からないのですが、ひょうたんの形をしています。

物語の松
国立科学博物館附属自然教育園 16
江戸時代の松平讃岐守の下屋敷の面影を伝える松で、ひょうたん池などとともに、回遊式庭園であったと思われます。

国立科学博物館附属自然教育園 17
思ったより広くてリフレッシュできました。館跡も見られたし大満足です。

ここ最近スランプになってしまい、更新できませんでした。
書きかけてはやめの繰り返しで、下書きも5つ溜まってしまってます(^^;)
スポンサーサイト



2020.12.16 Wed l 東京 l コメント (0) l top
国立科学博物館附属 自然教育園は、室町時代に白金長者とよばれる豪族が館を構えていたといわれています。江戸時代は高松藩主松平讃岐守の下屋敷、明治時代は海軍省・陸軍省の火薬庫として使用され、大正時代は白金御料地となりました。

国立科学博物館 附属自然教育園
国立科学博物館附属自然教育園 1
史跡に指定されてから国立自然教育園として一般に公開されるようになり、昭和三十七年に国立科学博物館附属自然教育園となりました。

路傍植物園
国立科学博物館附属自然教育園 2
野草が道の両側にあります。写真に写っていませんが、カリガネソウが咲いていました。

土塁
国立科学博物館附属自然教育園 3
この土塁は今から400~500年前、白金長者とよばれる豪族によって、外敵や野火を防ぐために築かれたと考えられています。
土塁は、園の周辺や館のまわりに築かれ、その上にシイの木を植えたといわれています。
園内の池や沢の水は、北側にある土塁の下を通って外へ流れますが、その出口を閉じると上流部が大きな池になるように作られています。

国立科学博物館附属自然教育園 4
昭和二十四年に「国の天然記念物および史跡」指定されました。

国立科学博物館附属自然教育園 5
館跡方面に向かいます。

館跡
国立科学博物館附属自然教育園 6
白金長者の館跡へやってきました。前方・左右には∩型の土塁がみられます。

国立科学博物館附属自然教育園 7
土塁を切り開いて道がつくられており、土塁の断面を見ることができます。

水鳥の沼
国立科学博物館附属自然教育園 8
池をみながら休憩。

いもりの池
国立科学博物館附属自然教育園 9
緑も水辺も多くて気分が落ち着きます。

国立科学博物館附属 自然教育園 2へ続きます。
2020.11.30 Mon l 東京 l コメント (0) l top
山上碑と山上古墳を見たあとは山名城跡へ。

山上古墳~山名城 1
山上古墳の右側の道から山名城跡へ向かいます。

山名城跡 2
山名城へ行くのは11年ぶりでしょうか。

山名城跡 3
源義家の孫新田義重の子義範はこの城に拠って山名氏と名乗り、以後8代山名城を護りました。と、説明板にありますが、資料等による確証は無いようです。

山名城跡 4
ハイキングコースになっています。

山名城跡 5
この階段をのぼって200mほどで本丸跡です。

山名城跡 6
土塁や空堀が残っています。

山名城跡 7
いよいよ本丸です!初めて来たときのわくわく感を思い出します。

本丸跡
山名城跡 8
本丸跡に着きました。山名城は東西450m、南北130mで、戦国時代に木部氏の要害城として改築されているそうです。

山名城跡 9
11年前に来たときの写真と比べてみると説明板が錆びて読めなくなっています。

山名城跡 10
展望台?冬で葉が無いので景色が見えました。

山ノ上地蔵尊
山ノ上地蔵尊
このあたりはかつて山本宿とよばれ賑わっていました。山ノ上地蔵尊もその頃に建立されたと思われます。「お陰地蔵」とも呼ばれ、高さが1.5mほどある珍しい座像の地蔵像です。
隣の百万遍供養塔は、むかし疫病が流行ったとき、山名光台寺より大数珠を借りて三日三晩念仏を唱え、疫病が退散したときのものだそうです。
2020.09.17 Thu l 群馬 l コメント (2) l top
1年ほど前に上野三碑の最後の碑・山上碑へ行きました。

山上碑 1
駐車場に車を停めて山上碑と山上古墳へ。上野三碑はきちんと案内されているので迷わなくていいですね。
イノシシ出没の注意書きがちょっと気になります。

三郡坂東の札所 窟堂址(馬頭観音)
山上碑 2
江戸時代の中頃に、山上古墳の中に馬頭観音が祀られ、窟堂と呼ばれる観音堂が建てられ、石段が積まれました。一般庶民には西国や坂東の札所まで巡礼するのは難しかったため、ミニ観音札所がつくられたました。こちらの観音堂も明和六年(1769年)には多胡郡・緑野郡・北甘楽郡内の坂東三十三ヶ所うつしの三郡坂東の札所・四番札所に選ばれていました。
今はお堂も失われ、史跡への石段のようになっています。
たしかに観音堂があった面影がありますね。

山上古墳
山上碑 3
山上古墳は7世紀に築かれた円墳です。山上碑の碑文から推定すると、高崎市に置かれた佐野三家さののみやけ(屯倉)の経営に連なる山名地域の首長の墓として完成し、その後縁者の黒売刀自が追葬される際に供養のために碑が建てられたようです。
被葬者の名や、葬送制度が推定できる古墳は日本でもきわめて希少なため、山上碑とともに国特別史跡に指定されています。
また、他家に嫁いだ女性が実家の墓に埋葬されたということも古代の家族制度を知る上で興味深いです。

石室
山上碑 4
中世に置かれた馬頭観音像。札所だった頃はたくさんの人がお詣りしたのでしょうね。横穴式石室は奥行き7.4mで、内部は地元産の凝灰岩を使った精緻な切石積みになっています。初めて来た時は墓に観音様・・石棺とかはどうなったのだろう?と思った記憶があります。

山上碑 5
玄室から見た羨道。羨道は長さ3.3m以上、幅90cm、高さ90cmです。冬なので虫は出ませんでしたが、夏はいるそうです。

山上碑 6
山上碑は方光寺の長利という僧が山上古墳に葬られた母のために建てた碑で、全体の形が残っている石碑では日本最古です。
また、日本語の語順で文字が刻まれた最古の石碑でもあります。
地元ボランティアの方が親切に説明して下さいました。

山上碑
山上碑 7
山上碑は輝石安山岩の自然石で、高さ111cm、幅47cm、厚さ52cmです。形状が新羅の石碑に類似していることから、造立に際して渡来人が関わっていたものと推定されます。

これは説明板にあった子ども向けの現代語訳です。母の黒売刀自の供養と、名族であった母と自分の系譜を記して顕彰したものです。
「六八一年十月三日に記す。
佐野にあったヤマト政権が直接支配していた土地の最初の管理者である健守(たけもり)さまの子孫の黒売(くろめ)さま、この方が新川(にっかわ)さまの子の斯多々弥(したたみ)さまの子孫である大児(おおご)さまと結婚して産んだ子どもである長利(ちょうり)という名の僧が、母親のために書いた文である。  方光寺の僧」
長利が居た方光寺は前橋市総社町の山王廃寺だったと推定されており、東国で最古級の寺院だったことが発掘調査で判明しています。

今度は山王廃寺へ行きたいですね。
山上碑と山上古墳に関する説明は現地の説明板とパンフレットによるものです。

群馬県高崎市 上野三碑 多胡碑と多胡碑記念館
群馬県高崎市 上野三碑 金井沢碑(かないざわのひ)
群馬県高崎市 仁叟寺 -仁叟寺多胡碑-
2020.09.11 Fri l 群馬 l コメント (2) l top
日も暮れ始めてきたので急いでまわります。

代官水特別緑地保全地区 
朝霞 代官水 1
代官水と周囲の斜面地・雑木林は特別緑地保全地区になっており、自然景観が保護されています。

湧水代官水
朝霞 代官水 3
標高14mから21mの崖線の谷頭から出る湧き水で、古くから灌漑用水などとして地域の人々に「代官水」と呼ばれて親しまれてきました。現在も水量は豊富です。
江戸時代にはすでに代官水と呼ばれていたようですが、なぜ代官水なのかは由来にも書いていませんでした。

朝霞 代官水 2
こちらが水源地。ここ以外にも数カ所から水が湧き出ています。

朝霞 代官水 4
この湧水には様々な水生生物が生息しており、背後の斜面にも貴重な動植物が確認されているとのこと。

氷川神社
DSCN2247朝霞 氷川神社 1
朝霞市岡にある氷川神社へ来ました。

DSCN2248朝霞 氷川神社 2
境内からは造営時に用いたと思われる鎌倉時代の剣尖紋(けんせんもん)軒先平瓦が発見されており、創建は鎌倉時代、もしくはそれ以前と思われます。

DSCN2250朝霞 氷川神社 3
現在の御祭神はスサノオノミコトです。「風土記稿」には、ご神体がかつては在原業平であったことや、氷川社が田中氏から東円寺の支配に移ったことなどが書かれているそうです。
埼玉県朝霞市 松光山 薬王院 東圓寺 不動の瀧と松光山八十八ヶ所 1
埼玉県朝霞市 松光山 薬王院 東圓寺 不動の瀧と松光山八十八ヶ所 2

DSCN2252朝霞 氷川神社 4

DSCN2253朝霞 氷川神社 5
境内社です。

DSCN2254朝霞 氷川神社 6
日露戦争の記念碑。

戦利兵器奉納
DSCN2255朝霞 氷川神社 7
明治37~38年の日露戦争での戦利品です。陸軍大臣寺内正毅が「戦利兵器奉納ノ記」を書いています。

すっかり暗くなってきたのでこの日の散策を終えました。
2020.08.31 Mon l 埼玉 l コメント (0) l top